ヤギのPSplusフリプと積みゲー感想日記

PSplus会員に配信されるフリプとその合間でプレイする積みゲーの感想をだらだら投稿するだけ

2018年5月配信 トラックマニア ターボ【プレイ後の感想】

f:id:TERUYAGI:20180523201030j:plain
『トラックマニア ターボ』をプレイしました。コースを進めることよりもフレンドとのバトルでとにかく同じコースばかりプレイしていて燃え尽きた感があるので一時休憩。トロフィーは50%。

 

1. 概要

開発 対応機器
ユービーアイソフト(株) PS4
ジャンル PS STORE リンク
レース トラックマニア ターボ

 

2. あらすじ

トラックマニアで究極のレース体験!
奇想天外なコースを友達と一緒に楽しもう。
-公式HPより引用-

 

3. 初プレイの感想やら色々

3.1 過去の自分を追い越せ!

f:id:TERUYAGI:20180523202612j:plain
本作は通常のレースゲームと少々異なり基本的にレース相手が存在しません。
同じコースを繰り返しプレイし、過去の記録を何度も塗り替えていくことにこのゲームの醍醐味があると考えています。(私個人の考え方ですが)

普段はレースゲームに関わらず《タイムアタック》というジャンルが得意ではありません。順調に進んでいるのに途中で失敗、ゴールまでに2分以上かかるのに何度プレイしても規定タイムを越せない、などゲームスキルがない故にストレスが溜まりやすい傾向にあります。もちろん性格的な面もありますが・・・

ただしそんな私でもこのゲームはめちゃめちゃ楽しめています!

それはなぜなのか、次項以降でその理由を述べていきたいと思います。
 

3.2 カジュアルすぎるくらいシンプル

f:id:TERUYAGI:20180523232711j:plain
操作方法で覚えるべきは『アクセル』・『ブレーキ』・『ハンドル』のみ。
なんとなくマリオカートっぽい気がしなくもありません。
パーツ交換もないため、車の知識は一切不要。

f:id:TERUYAGI:20180523233026j:plain
目指すべき目的もシンプル。

ブロンズメダル ⇒ シルバーメダル ⇒ ゴールドメダル ⇒ コースマスターメダル ⇒ 国内上位ランキング ⇒ 世界上位ランキング と難易度は上がっていきます。

ただしゴールドメダルの時点で相当難しいので、それ以上は何度も練習を重ねてまれにたどり着くレベル。

例えば#2(2コース目)でいうと、国内ランキング『82046人中222位』(画面左上)までランキングを上げることができましたがコースマスターメダルは取得できていません。ちなみに#2の世界ランキングは『3831407人中14467位』。世界の壁は厚いぜ!f:id:TERUYAGI:20180524200058j:plain

トータルランキングも存在します。全200コース存在し、まだ84コース目までしかプレイしていないのに日本ランキング『129257人中615位』(画面右上)。ランキングがどのように決まるのかはわかりませんが、多くの方は割と早めに飽きてしまったのかな?
f:id:TERUYAGI:20180524200603j:plain

3.3 アクロバティックなコースでうっひゃー

従来のレースゲームではなかなか見ることのないアクロバティックな走行が気持ちよい!ドリフト!大ジャンプ!とにかくド派手なアクション満載!飽きさせないための演出が色々詰め込まれています。(それでも200コースは多い気がするが・・・)
f:id:TERUYAGI:20180524201802j:plain

f:id:TERUYAGI:20180524201841j:plain

f:id:TERUYAGI:20180524205643j:plain

 

3.4 短いコースが多いのでリトライが憂鬱でない

コース設定ですが、5の倍数のコース(#5、#10、#15~)は3周の総タイム。それ以外のコース(#1、#2、#3、#4、#6~)は規定のスタート位置からゴール位置までのタイムで評価が決まります。後者は基本的に短い距離で設定されており、1分以内のコースがザラにあります。そのため、『3分かけて頑張ったのに途中で失敗したうぎゃぁぁぁぁ!!!』なんてことが少なく、モチベーションが下がりにくいのです。

3.5 フレンドとのバトルが熱すぎる

序盤はゴールドメダルを目指しながら進めていきましたが、#40を超えた頃に自分の限界を感じ、『あとはブロンズメダルを取れたら次のコースへ進めてしまおう・・・』と思っていたころ、丁度フレンドのSさんもトラックマニアを始めました。

ここからこのゲームの本当の始まりとなったのです・・・

本作ではフレンドの記録・タイムの勝敗数(自分が相手より速いコースと遅いコースのそれぞれの総数)を確認することができます。ある日トラックマニアを起動すると、半分以上のコースをSさんに抜かれていました。

これは。。。負けるわけにはいかない!

ここからは相手のタイムをどれだけ塗り替えることができるのかを毎晩競い合いました。(勝手に自分が思っているだけかもしれないけど)

ほとんどのコースはコンマX秒の争いです。何度か同タイムにもなりましたが、なぜか引き分けとはならないため(先にタイムを更新したほうが優勢?)、更に記録を上回るためにハンドル(コントローラー)を握る日々でした。
f:id:TERUYAGI:20180524211758j:plain
※括弧で括られているタイムがお互いのタイム差

オンラインでリアルタイムに対戦するわけではありませんが、フレンドのゴーストと自分の記録のゴーストを表示しながらタイムを競うことができるため、まるで一緒に対戦しているかのような感覚に陥ります。めちゃめちゃ熱い!!!
f:id:TERUYAGI:20180524213610j:plain

一番衝撃的だったのが、#16にてなかなか良い記録が出たので、Twitterで『トラックマニアで国内ランキング17位出せた~ 』とつぶやいた翌日、ゲームを起動したところあっけらかんとSさんが国内ランキング12位を出していてぬか喜びに終わったことでしょうか。f:id:TERUYAGI:20180524213012j:plain

4. 管理人オススメ度

◆良い点
・アクロバティックなアクション!
・めっちゃぬるぬる
・コース作成、オフ・オンライン対戦など一通り遊びたいことが揃っている。
・フレンドとの競い合いが熱い!これに限る!

◆悪い点
・一部の車が操作性に癖ありすぎ
・まれに一瞬映像が止まる

◆総合評価
評価は10段階中9とします。Sさんがこのソフトを同じタイミングでプレイし、割と近いレベルで争うことができ、かつゴーストを表示しながら走ることができたためここまでドはまりできました。一人でプレイするだけならさらっと流すだけで終わっていたかもしれません。
※あくまで私個人の感想です



私の積みゲー一覧やフリプオススメ度はこちらに載せていますので良かったらどうぞ。
※もうプレイすることはないだろうと判断したものは随時削除しています。

 

psplusfreeplay.hatenablog.com